<   2010年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

松戸アートラインプロジェクト(16) 山川冬樹パフォーマンス

児童学科3年の岡本です。

12月12日、「松戸アートラインプロジェクト」内で山川冬樹さんのパフォーマンスが行われました。

会場となったビルは、普段の展示とはすっかり変わった雰囲気に包まれていました。
床に置かれ向かい合って鈍く点滅を繰り返す電球の間に台が置かれ、その上に乗せられたギターの上を束ねられた髪の毛がゆっくり行き来し、時々「ジャラーン!…」と余韻を残して響いていました。
e0201681_1645758.jpg


続きはこちら!
[PR]

by seitokubi | 2010-12-27 10:16 | 3年次ゼミ(大成ゼミ) | Comments(2)

松戸アートラインプロジェクト(15)くま

「お米屋さんプロジェクト」展示(3)

土間をあがって居間と台所だった場所にも作品があります。手前のこたつはもともとあった掘りごたつです。会期中の週末にはここで「おにぎり部」がワークショップを行います。
e0201681_9481520.jpg

奥には米袋で作ったくま(テディベア)。

e0201681_9521586.jpg

このクマは針金で骨組みを作り、そのまわりに両面テープでくしゃくしゃにした米袋を張り合わせて造形しています。部分的に新聞紙が入ってボリュームを出しています。材料費はしめて2千円くらいです。

正面のふすまには壁を作って学内の人たち(学生、先生、事務等)アートライン事務局、アーティスト、家族などに協力してもらった写真作品「ハッピーごはんつぶ」が44枚あります。
e0201681_9594159.jpg

「ハッピーごはんつぶ」は会期中にワークショップとしても行われ、会場に追加展示されました。
[PR]

by seitokubi | 2010-12-27 10:06 | 3年次ゼミ(大成ゼミ) | Comments(0)

松戸アートラインプロジェクト(14)「おにぎり部」

「お米屋さんプロジェクト」展示(2)

向かって右側の壁に展示された架空の雑誌に掲載された「おにぎり部」の活動紹介記事です。
e0201681_80674.jpg


会場風景
e0201681_87351.jpg

e0201681_8114120.jpg

「メッセージおにぎり」とそれらをにぎる「おにぎり部」。
おにぎりアートです。
e0201681_814344.jpg

この作品(写真)は調理研究室を借りて撮影しました。この中で本当のおにぎりを食べている(にぎっている)部員が二人います。

「メッセージおにぎり」
それでは「メッセージおにぎり」を紹介していきましょう!

e0201681_8191245.jpg

「ウルトラにぎり」
ウルトラマンの要素を削ぎ落とすとおにぎりに…。おにぎり=日の丸=日本だとしたら、まさにウルトラマンは日本の象徴だと思いにぎってみました。(キャプションより)

e0201681_8234437.jpg

e0201681_8253180.jpg

「宇宙にぎり」
江戸時代中期の禅僧、画家の仙厓(せんがい)は五輪(土水火風空)の思想を要約して○△□という形で宇宙を表しました。この水墨画に触発されておにぎりでも宇宙を表現してみました。

e0201681_8272938.jpg

「ミッキー」
最近は「キャラ弁」がはやっていますが、「キャラおにぎり」があってもいいと思いにぎってみました!

e0201681_832989.jpg

「白蛇」
「おにぎり部」に代々伝わるにぎり方。白蛇は日本古来から縁起の良いものの象徴であり、名前の由来もそこから来ている。今迄に完璧ににぎれた部員は8名しかおらず、練習の段階ではやむなく割り箸を補助的に使用している。

そして正面には「金のおにぎり」。
e0201681_8363896.jpg

なぜか会期中にお金(お賽銭?)が増えていきました。

これらは食品サンプル用の白米を使って制作されています。ウルトラマンはフィギアに他は紙粘土をベースに付けています。
見に来た人のなかには、本当のお米でにぎっていると思う人もあり「毎日にぎって置くのは大変ですね」とか「防腐剤は入れてるんですか?」などの質問を受けることもありました。
[PR]

by seitokubi | 2010-12-27 08:57 | 3年次ゼミ(大成ゼミ) | Comments(0)

ザリガニハウス

11月展示の「ザリガニハウス」に展示した絵を紹介していきたいと思います。担当は四海です。
このザリガニ達は、埼玉県の小学校からお借りしたもので、1年生の作品です。
ここに来る前には、長野県のとがびアートプロジェクトでも展示がされました。

そのお借りしたザリガニの絵の中から、目に留まったものを少し紹介していきたいと思います。

e0201681_16261319.jpg
この子の絵には、ザリガニと一緒に遊んでいる女の子の姿が描かれています。ザリガニのハサミの部分を見ると、ごつごつしていてとても丈夫そうです。色合いもきれいで、全体的に楽しそうな絵だと思います。

e0201681_16243385.jpg
このザリガニはシンプルですが、大きく可愛らしく描かれています。色もしっかりと塗られていて、ザリガニの特徴をしっかり捉えています。ピンクで周りを塗るところに女の子らしさが出ていると思います。

e0201681_16375014.jpg
この絵の面白い(良い)と思ったところは、ザリガニの上半身しか描かれていないところです。ハサミがギザギザとしていて、間にいる魚を狙っているように見えますし、踊っているようにも見えます。よくよく見ると、尻尾もちょこんとあって可愛らしさも出ています。
この2匹のザリガニの表情も私は好きです。何かおしゃべりしているのかも。

e0201681_17195020.jpg
こっちのこの絵は、男の子とザリガニが一緒にボールで遊んでいるところです。

子どもの絵は見れば見るだけ新しい発見があるので楽しいです!
どんなことを考えているんだろう、何を感じたんだろう?と考えながら子ども達の絵を見ていくと、その子その子によって(当たり前だけど)違っているし、表現の仕方も異なって良い味を出しているので、見ていて飽きないと思います。

また、子どもの観察力はとても優れていると思います。
もしも、このザリガニを描かせた先生が前もって子ども達に「ザリガニを描くからザリガニをよくみてね」なんて言っていたら少しがっかりしてしまうけれど、そうではなく、子どもが好きなようにザリガニと触れ合う機会を作って、その経験をもとに描かせているのだとしたら、とても素敵な先生だと思います。

「続き」には、他の子ども達の絵を載せますので、じっくり見てみてください。
何を感じ、何を思ったか、気軽にコメントもして欲しいと思います。

→続き
[PR]

by seitokubi | 2010-12-24 17:51 | 美研展示 | Comments(0)

美術部「秋冬展」

平成22年12月6日~12月18日まで、7号館研究室前展示場所で美術部の「秋冬展」が行われました。部長の坂井が紹介します。
e0201681_13532017.jpg

この作品は、聖徳祭に展示したものです。私たちの活動は、年に4回の展示と今年は「アートパーク」にも参加をしました★

今回は秋冬展で美術部の活動をもっといろんな人に見て欲しかったので、美術部を紹介したパネルを製作し設置しました!
e0201681_18272354.jpg

これで、部員が増える事を願います!!
[PR]

by seitokubi | 2010-12-18 14:00 | 美術部 | Comments(2)

新聞紙を使った活動

短大保育科1年「図画工作Ⅱ」北沢昌代先生の授業で「新聞紙を使った活動」をしました。
新聞紙を使ってどのようなことができるでしょうか?
新聞紙は、身近にあって加工しやすいし、大量にあって思い切り使えるし、リサイクルでエコな素材でもありますよね!

グループに分かれて作戦会議・・・012.gif
e0201681_18141616.jpg


テーマが決まったらグループで協力して・・・010.gif
e0201681_1815017.jpg


人間クリスマスツリー???005.gif
e0201681_18154879.jpg


お鼻を着けて何になるのかな?019.gif
e0201681_1816134.jpg


私の帽子素敵でしょ!!!003.gif
e0201681_1817220.jpg


完成したら発表会!寸劇にしちゃいました!058.gif
e0201681_18172317.jpg



新聞紙を使ってさまざまな活動ができることが分かりました。保育の現場で使用する素材として新聞紙は幅広い活動の可能性のある魅力な素材だということが分かりました~~~
新聞紙を使って、子どもたちと一緒に活動する日が楽しみです!!
e0201681_18175180.jpg

[PR]

by seitokubi | 2010-12-15 18:19 | 授業風景 | Comments(0)

松戸アートラインプロジェクト(13)「お米屋さんプロジェクト」展示

「お米屋さんプロジェクト」展示(1)

そろそろ私たちの作品「お米屋さんプロジェクト」大成哲雄+聖徳大学大成ゼミの展示を紹介していきます。

e0201681_10243937.jpg

旧原田米店入口。
e0201681_10253411.jpg

入口にはプロジェクトの看板。もともとお米屋さんにあったものを使っています。
e0201681_1029010.jpg

案山子くん、いい味だしています…結構記念撮影にも使われています。

中に入るとこんな感じ。

e0201681_1035883.jpg
e0201681_10334883.jpg

この土間は5年くらい前までは店舗として使われていました。


このプロジェクトはゼミ生が架空のサークル「おにぎり部」になって様々な人々と交流しながら活動を作っていく内容です。その活動内容が旧米店の土間、居間、台所で展示されています。

土間の向かって右の壁には雑誌に掲載された「おにぎり部」の過去の活動内容が紹介されています。
そのまわりには部員が愛用しているグッズが並んでいます。
e0201681_11194519.jpg

「デコ携帯」
ストラップにもこだわりがあります。梅干しやたくあん、おかきなどは本物から型取りして着色しています。

e0201681_11373210.jpg

「マイしゃもじ」


e0201681_9341387.jpg

米袋で作った「おしゃれバッグ」もあります。「おしゃれバッグ」は毎週末に行っているワークショップ「こたつDEアート」でも制作できます。

続きはまた次回!
[PR]

by seitokubi | 2010-12-14 11:42 | 3年次ゼミ(大成ゼミ) | Comments(0)

小学校 新指導要録 改訂のポイント

児童学科 小泉卓先生が「小学校 新指導要録 改訂のポイント」で「図画工作」の項目を解説されています。他教科も併せて評価について考えさせられる内容になっています。みなさん読んでみましょう。

 
e0201681_1924664.jpg

[PR]

by seitokubi | 2010-12-10 19:05 | 推薦書 | Comments(0)

松戸アートラインプロジェクト(12)屋外作品

児童学科、小学校教員養成コース3年の山田です。
松戸アートラインプロジェクトの屋外作品の一部を紹介していきます。

e0201681_173989.jpg

伊勢丹プラザ広場には、白い大きなドームがありました。
大山康太郎さんの作品で、ドームの中に入ると・・・・。
e0201681_1775735.jpg

…なんと、ペイントされた天井に淡い青色のライトが照らされていました。
色は時間によって変化します。
…異空間に迷い込んだようできれいでした。

e0201681_9571591.jpg

伊勢丹屋上には近藤洋平さんの「境界」。テグスのようなもので空間が仕切られていました。

次に向かったのは、伊勢丹裏の坂川沿いの坂川デッキです。
e0201681_17141477.jpg

武蔵野美術大学建築学科の土屋公雄スタジオの皆さんの作品です。
e0201681_1720128.jpg

ひとつひとつ竹で編んであり、中に入って見上げると、網目の隙間から空が見えました。
e0201681_17202481.jpg


反対側の岸に渡ってみてみるとこんな感じです。
e0201681_17301440.jpg


そこには(対岸には)、「ニュートラル」という山中彬充さんの作品もありました。
空にのびて行く階段に、思わず途中までですが上ってみてしまいました。
e0201681_17361962.jpg

e0201681_17443721.jpg


次に、松戸神社でやっている枯山水サラウンディングのサウンドアートを紹介します。
e0201681_1745750.jpg

神社の一角ではなにやらサウンド(電子音?)が流れています。意外にも紅葉(風景)ととてもマッチしていました…居心地がいいです。
音はその場でしか体感出来ないものなので、ぜひ行ってみてください。

宮ノ越地下歩道には、お隣り千葉大学庭園デザイン学研究室の皆さんの作品がありました。
e0201681_17543910.jpg

壁に作品があったのですが、凄く場に馴染んでいました。
下の写真は、作品をアップにして写したものです。
e0201681_1755389.jpg

表面が錆びていて渋い仕上がりになっていました。前に松戸駅で行っていた公開制作で私たちも言葉を書きました。

続きはまた次回!
[PR]

by seitokubi | 2010-12-09 18:12 | 3年次ゼミ(大成ゼミ) | Comments(0)

松戸アートラインプロジェクト(11)パエリア作り

「松戸パエリア(3)」

児童学科3年の岡本がリポートします。

いよいよパエリア作りが始まりました!
材料はふんだんに用意したので、2回に分けて作ることになりました。

まずは1回目に挑戦。

e0201681_17211373.jpg


「パエリア作ったことある人ー?」
「あれー?いないのー?」
「まぁどうにかなるでしょー!」

とりあえず魚介類を炒め、野菜を炒め、米を投入。
途中で水が足りなくなり、買いに走る。お好み焼き用のコテでいためます。
パエリアを作る感じとなんか違うような…?。

e0201681_17493430.jpg

e0201681_22273322.jpg

ギャラリーも集まってきました。
「パエリアってそう作るんだったっけ…?」「…たしか…あーして、こーして?」「それってチャーハン?」
e0201681_2249355.jpg

高層マンションと古民家とパエリア…ナイスミスマッチ!?


…そうこうしているうちに…
超アルデンテ状態のパエリアが完成しました。
(しかもパプリカを入れ損ねる、どうりでなんか見た目が知ってるのと違ってました…)
e0201681_22403449.jpg

…不味くはなかったですよ、いや、おいしかったです。「おいしい〜!」


そして2回目。ギャラリーの中から救世主が登場しました。
「違うよー!パエリアっていうのはー…」
指示されるがままに動くおにぎり部員。

e0201681_17502577.jpg


今度はパプリカを入れ、水の量も考え、時間も計りました。

e0201681_17303245.jpg



アルミホイルのふたを開けると、今度はなんだかさっきよりもおいしそうなパエリアに!においも違う!

「おいしー!」

e0201681_17365027.jpg

実際、1回目より格段においしいパエリアになりました。
アドバイスしてくださった方々に感謝です。「どうですか?パエリア!」

e0201681_22441682.jpg

パエリアは来場してくださった方たちと一緒に、楽しくおいしく食べました。


本当に適当な計画(?)、いやいや綿密な計画で実行された「松戸パエリア」でしたが、様々な方に助けていただけたおかげで大成功です!?ワークショップとしても色々考えさせられる内容でした…さて、クイズです、このワークショップで真のファシリテーターは誰だったでしょうか?。

第二回はあるのかな?「お米屋さんプロジェクトパート2」が行われればあるでしょう・・・・・最後は記念撮影でしめ!。
e0201681_1748185.jpg


あっ!そうそう! 私たちがかぶっていた三角巾、おにぎりのデザインだって気づきましたか?
e0201681_15471795.jpg

[PR]

by seitokubi | 2010-12-09 18:05 | 3年次ゼミ(大成ゼミ) | Comments(1)