<   2011年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

最終日 松戸アートラインプロジェクト2011(21)

11/27(日)「松戸アートラインプロジェクト2011」が最終日を迎えました。
今回は、土日祝日の計9日間という短い期間でしたが、多くの方々に足を運んでいただきました! この場を借りてお礼申し上げます。
また、子どもから大人まで幅広い方々が私たちのワークショップ「こども百鬼夜行」に参加して頂き、本当に感謝感激です!

e0201681_16453667.jpg
19時からは、鈴木ビル1Fでクロージングが行われました。
e0201681_12234092.jpg
アートディレクターの芸大毛利義孝先生が「松戸アートラインプロジェクト2011」全体についてお話しをし、その後、参加アーティスト、スタッフが順にプロジェクトを終えての感想を一言ずつ発表していきました。

▼続きはこちら
[PR]

by seitokubi | 2011-11-29 17:49 | 3年次ゼミ(大成ゼミ) | Comments(0)

こども百鬼夜行(2)  松戸アートラインプロジェクト2011(20)

11/20(日)
「松戸百鬼夜行」の会場内で行っているワークショップ「こども百鬼夜行」の様子です。
午後、作業台の茶箱のまわりは子どもたちで賑わっています。
駄菓子屋状態ですね。
ワークショップは特に時間を設定していません。
作りたい人が作りたいだけいれるスペースです。

e0201681_14105069.jpg

子どもだけでなく大人も楽しんでいます。
大成ゼミ卒業生で現在小学校の先生をやっている岩瀬さん、佐藤さんの二人も参加です。

e0201681_14112821.jpg

「こども百鬼夜行」は、用意したおもちゃや、身の回りの「もの」を組み合わせて妖怪を作ります。

e0201681_14115684.jpg

棚にある私たちが妖怪にした「もの」や会場にある「もの」も使用可。
手前では大きな茶壺を使う強者(つわもの)も現れました。もはやインスタレーションです。

e0201681_14122343.jpg

4年生の男の子。1時間程の間、無言で制作に集中しています。

つづきはこちら!
[PR]

by seitokubi | 2011-11-22 16:26 | 3年次ゼミ(大成ゼミ) | Comments(0)

親子アートツアー 松戸アートラインプロジェクト2011(19)

11月20日(土)「松戸アートラインプロジェクト2011」の企画として、「親子アートツアー」を実施しました。参加してくれたのは、小学校2年生のかなめちゃん親子、5歳のことなちゃんの親子でした。

午後1時、MADCityに集合して出発!
まずは、大成哲雄+聖徳大学大成ゼミ「松戸百鬼夜行」です。
2人とも、うす暗い階段にビクビク・・・突然!ことなちゃんが「お化けが見えたよ~!!!」と大泣きです。大人は気付かなかった階段の照明に目玉と手を付けた展示にびっくりしたようです。すごい!子どもには本物のお化けに見えるのですね・・・
なんとか気持ちを切り替えてもらって会場に入りました。
e0201681_16195399.jpg


あんなに泣いていたことなちゃん、会場に入ったとたん、興味津津!!いろいろな展示物に夢中です。「あ!目玉がある!」「ここにも!」2人ともいっぱい見つけてくれました。
一通り見つけた後、少し落ち着いて「松戸百鬼夜行」の写真を見ました。今度は写真に写っている妖怪たち探しです。
大成先生からの説明で「使われなくなったものは、妖怪になるんだよ」というお話は、2人とも子どもなりに理解したようです。
e0201681_15445526.jpg
e0201681_1631326.jpg


つづきはこちら!
[PR]

by seitokubi | 2011-11-22 15:39 | 鑑賞 | Comments(0)

新聞では…。  松戸アートラインプロジェクト2011(18)

様々なメディアで紹介されている「松戸アートラインプロジェクト2011」ですが、11/15(火)、朝日新聞の首都圏版(市川市など)では以下のように紹介されました。
e0201681_23521100.jpg

私たちの事も載っています。

(おおなり)
[PR]

by seitokubi | 2011-11-21 23:13 | 3年次ゼミ(大成ゼミ) | Comments(0)

たまごかけご飯BAR  松戸アートラインプロジェクト2011(17)

松戸アートラインプロジェクト2011」では展示の他にワークショップや公開制作、ライブ等会期中様々な企画、活動が行われています。
本日、11/19(土)MAD City Gallery では「たまごかけご飯BAR」が開かれました。

e0201681_1714670.jpg

奈良県の「ならグリーンファーム」からとりよせたミネ卵 極をごはんにかけて混ぜます。

e0201681_1724529.jpg

用意された様々なお醤油(たまごかけご飯専用醤油他)を選んでかけます。少しずつかけると色々な味が楽しめます。
一杯300円。
「おいしい!」しかも大盛況。
こんなに専用のお醤油があることにもびっくり。千葉の「ほうぼう醤油」は学生にも評判がよかったです。
公立保育士でゼミ卒業生の岡本さんが神奈川から展示を見に駆けつけてくれました。
在学生と一緒にたまごかけご飯で昼食です。
遠くから見にきていただいて感謝です。岡本さんの面白い卒業制作は後日紹介したいと思います。

e0201681_1710380.jpg

「醤油お品書き」
昨年の私たちの作品「お米屋さんプロジェクト」ではワークショップ「松戸パエリア」を行いました。
活動の主旨は違いますが、やはり、おいしいものを食べると幸せな気分になりますね。

(おおなり)
[PR]

by seitokubi | 2011-11-19 22:54 | 3年次ゼミ(大成ゼミ) | Comments(0)

ミステリーツアー  松戸アートラインプロジェクト2011(16)

お久しぶりです!大成ゼミ3年の湯川と木村です☆
今回はアーティスト中島佑太さんのワークショップ「ミステリーツアー」に参加させて頂きました。

e0201681_13263832.jpg

11/15 
19時から伊勢丹松戸店前広場に集合です!!
懐中電灯を持って夜の松戸の町を歩く企画です。

e0201681_1838168.jpg

普段あまり気に留めない「☆」の形も探しながらのツアーです。
…一つ見つけました!

e0201681_13265562.jpg

まず、松戸駅周辺の明るい場所を通ってから、暗い場所を目指して歩いていきます。
特にルートは決まっていません。
坂川沿いを進んで行くとどんどん道が細くなって、どんどん暗くなってきました。

ちなみに写真は湯川と木村です。。。

つづきはこちら!
[PR]

by seitokubi | 2011-11-18 07:53 | 3年次ゼミ(大成ゼミ) | Comments(0)

不在の部屋    松戸アートラインプロジェクト2011(15)

先週日曜日(13日)に、磯部沙恵理さんのワークショップ「しかけ小箱作り体験」をしてきました。
蛇腹折りにされた紙に、折り山が繋がるように下書きをした後、はさみで切ります。

何を書こうか迷ったので、磯部さんにお題を出してもらいました。
12月が近いのでお題は「クリスマス」です。
e0201681_18155980.jpg
切ったのを広げるとこんな感じです。
手と羽が繋がるように下書きをしたのですが、はさみで切るのが難しく、少々時間が掛かりました。
頑張っただけあって、できあがりを見るととても感動します。
そして、できあがったものを箱の底と蓋に貼りつけたら完成です。
e0201681_18164334.jpg
蓋を持ち上げると中から天使が出てきます。
最初は蛇腹折り1つで足りるのかなとも思いましたが、1つでも十分のものができます。
今回はやりませんでしたが、蛇腹折をもうひとつ使って同じものを作ってつなげれば、もっとたくさん天使が出てくるようにもなります。


e0201681_1832577.jpg
お題に沿っていない作品もできました。おばけです。
くろねこは、磯部さんが作ってくださいました。
制作時間は30分程です。

次回(磯部さんのワークショップ)は、松戸アートラインプロジェクト最終日、11月27日()にあるそうです。

(四海 金岡)
[PR]

by seitokubi | 2011-11-15 18:33 | 3年次ゼミ(大成ゼミ) | Comments(0)

こども百鬼夜行(1)  松戸アートラインプロジェクト2011(14)

11月13日()
私達の展示している松屋さん2Fで行っているワークショップ「こども百鬼夜行(こどもひゃっきやぎょう)」の様子を少し紹介します。
e0201681_1621589.jpg
会場の一角がワークショップスペースです。

e0201681_1292947.jpg
茶箱の中にはいろいろな「もの」がごちゃごちゃ入っています。

e0201681_16375845.jpg
ここでは、私たちが制作した方法同様いろいろな「もの」たちを使って、新しい妖怪を作ることができます。
テーブルは茶箱を使用。松屋さんに元々あったものをお借りしました。松屋さんはお茶と陶器のお店です。
こどもだけでなく、大人の方にも気軽に参加していただける楽しいワークショップです。

e0201681_16501122.jpg
作っている内に段々と凝り始める人続出です。目下、2歳の子から70歳のおじいちゃんまでが楽しんでくれました。
出来上がった妖怪は会場の好きな所に置いて写真を撮ります。名前等の設定を考え、用紙に記入し専用の展示スペースに展示して行きます。

只今いろいろな妖怪が増殖中!
ワークショップは会期中ずっとやっています。
詳細については後日レポートしたいと思いますが、どんなオリジナル妖怪たちがいるか、是非会場でご覧下さい。


e0201681_1265075.jpg
そして、この日は19時から都心綜合開発第三ビルにて渋さしらズさんのライブパフォーマンスがありました。
その時の様子はこちらをご覧下さい。

(四海)
[PR]

by seitokubi | 2011-11-15 17:43 | 3年次ゼミ(大成ゼミ) | Comments(0)

松戸アートライン他の作品(2)松戸アートラインプロジェクト2011(13)

今回の担当は3年金岡です。
松戸アートライン他の作品(1)に続いて紹介していきたいと思います。

まずはこの青く光る川。
e0201681_21574069.jpg

松戸神社の川下で見ることができるこの光景は、couchさんの「Mapping Project♯1」です。
照明をあてることで1/1スケールの地図を現出させるというこの作品。
e0201681_21575571.jpg

光る坂川はとても目を引き、付近を通る人の多くが足を止め、鑑賞していました。
土日の17時~21時という夕方から夜にかけてしか見ることのできない作品なので、時間に余裕のある人はぜひ見てみてください。
写真でみるよりも断然綺麗です。

つづきはこちら!
[PR]

by seitokubi | 2011-11-15 17:42 | 3年次ゼミ(大成ゼミ) | Comments(0)

子ども用鑑賞シート 松戸アートラインプロジェクト2011(12) 

短大保育科の北沢先生と児童学科「大成ゼミ」有志が「松戸アートラインプロジェクト2011」の作品の中から6点を選んで子どものための鑑賞シートを作りました。

e0201681_1284577.jpg

先週末、実際に作品を見て回りながら構想を練りました。

e0201681_1292544.jpg

各作品を楽しく鑑賞出来るようクイズ形式になっています。

e0201681_12105410.jpg

今週さっそく鑑賞シートを持って会場を回っている子どもたちを発見!

e0201681_1211294.jpg

クイズに答えて楽しく鑑賞出来たらスタッフにスタンプを押してもらえます。
このシートは松戸駅前インフォメーション、MAD City Gallery、対象作品展示会場などで入手出来ます。


なお、今後の子ども向け鑑賞プログラムとして以下の内容が予定されています。

「親子アートツアー」
 11/20(日)26(土)
 午後1時〜2時半(お越しの際はホームページでご確認下さい)
 参加費無料 
 参加方法 MAD City Galleryにお集り下さい。
 対象 未就学児〜小学生までのお子さんとその保護者
 ツアーガイド 聖徳大学短期大学部 北沢昌代先生

「子どもの鑑賞手伝い隊」
 11/27(日)  12日は終了しました。
 午後2時〜4時
 企画 聖徳大学児童学科教授 奥村高明先生

(おおなり)
 
[PR]

by seitokubi | 2011-11-13 12:30 | 3年次ゼミ(大成ゼミ) | Comments(0)