<   2011年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「松戸百鬼夜行」感想  松戸アートラインプロジェクト2011(25)

「松戸アートラインプロジェクト2011」が終了して1ヶ月がたちました。
「松戸百鬼夜行」(大成哲雄+聖徳大学大成ゼミ)に参加した3年次ゼミ生の感想です。

e0201681_23141489.jpg

072.gif自分達の作り上げた作品をこんなにも多くの人に見てもらうという機会は今まで無かったので、最初はどんな風になるのか全く想像がつきませんでした。
作品を作るのはとても楽しく、時間があればもっとたくさんの妖怪作品が生まれていたと思います。短い制作期間の中で、妖怪が何を伝えたくて妖怪の姿になったのか等の設定を考えるのは、モノの存在理由を考える必要もあり難しかったです。
活動全体の中で一番大変だったのは、会場作り等の準備でした。会場作りは片付け、掃除から始まったので、一日の作業もあっという間に過ぎ、思っていたよりも時間がかかってしまいました。会場をどう作るかによって作品の見え方も変わるので、どのような空間で見せていくべきなのか考えることも大切なことだと知りました。それは、他のアーティストさん達の展示を見ても一番に気になったところです。
 私達の会場はワークショップもできるようにした為、多くの人々が集まる場面がありました。異年齢の人々が集まり、様々な意見や感じ方を聞くことができ、作品を異なった角度、新鮮な気持ちで見ることもできました。
「松戸アートラインプロジェクト」を通して、アートは誰もが身近に感じ、実際に思いを形にすることができるものだと思いました。様々なジャンルのアーティストさん達の作品からも、アートに対して新しい見方が増えました。特に感じたことは、今までアートは見て楽しむものだと思っていましたが、五感で感じるものなのだと知りました。見て、聴いて、味わって、触って、感じて、全ての感覚を使ってアートは楽しむものなのだと思うようになりました。
今回の貴重な体験から、日常の何気なく見ていた風景に対する感じ方も変わったように思います。
このプロジェクトを振り返ると、本当に多くのものを得ることができました。素晴らしい体験ができてとても嬉しく思います。今回学んだことを忘れず、これからもアートをとおして新たな発見をしていきたいです。  (きむら)


072.gif今回は、制作はもとより、他の作品を鑑賞したこと、アーティスト、地域の方々と交流をする機会を持てたことが自分にとって大きな経験になりました。
私達の作品は、現代の忘れられていた物を妖怪へと変化させました。頭で考えながらも手の動くままにつくった作品はどれも奇抜で、本当にいるのではないかと見がまうものが多く生まれました。
「松戸百鬼夜行」を鑑賞しに来て下さった方々にもワークショップとして自由に妖怪をつくっていただきました。パーツ選びからそれらを変化させていく過程を楽しむ姿を目の当たりにする事ができ、アートは身近なところにあり、ちょっとしたきっかけで誰でも楽しみながら行えるものなのだと実感できました。
他のアーティストの方々の作品を見ても、アートとは自由で、作者の想像力により様々な表現方法が生まれるのだと感じました。「自分の想像力では思い付かないな…」という作品にも触れられ感動しました。
「松戸アートラインプロジェクト」に携わり、学内だけでは経験できない貴重な学習ができたように思います。 (かねこ)

つづきはこちら!
[PR]

by seitokubi | 2011-12-31 17:02 | 3年次ゼミ(大成ゼミ) | Comments(0)

「松戸百鬼夜行」(1) 松戸アートラインプロジェクト2011(24)

随分更新が遅れてしまいました…。
「松戸アートラインプロジェクト2011」の大成哲雄+聖徳大学大成ゼミの作品「松戸百鬼夜行」の会場風景です。

e0201681_1933272.jpg
全体像はこんな感じです。
現代版百鬼夜行の写真作品は左手に展示。
展示場所である松屋の倉庫にあった板をを使って壁を作りました。
中央がワークショップ「子ども百鬼夜行」のスペース。
左手が「松戸百鬼夜行」に登場する妖怪(付喪神)の元ネタになったモノ達を展示した棚です。

e0201681_1945787.jpg
壁面、提灯、狛犬も倉庫に眠っていたものを使用しました。

つづきはこちら!
[PR]

by seitokubi | 2011-12-28 19:36 | 3年次ゼミ(大成ゼミ) | Comments(0)

松戸アートライン他の作品(3)松戸アートラインプロジェクト2011(23)

もう会期は終わってしまいましたが、今回の「松戸アートラインプロジェクト2011」の作品紹介の続きです。

松戸駅近くの電話ボックスと新角ビル3階では『りきりき』の作品「浮遊ライン」が展示。
e0201681_8192560.jpg
町中でめっきり数が減った電話ボックス。
通りかかったら調度公開制作中でした。
ボックスごしに見える町の人たちをトレースするドローイング。人の形が増えたり減ったり、会期中日々変化しました。

e0201681_81956100.jpg
新角ビルではドローイングの様子が映像作品になっています。
「りきりき」は私たちの昨年の展示場所、旧原田米店の一室をアトリエにし活動を行っているアートユニットです。

e0201681_16371631.jpg
町中に自作の短歌を貼った青木麦生さん。
「ラーメン二郎」近くの三角公園にて。

つづきはこちら!
[PR]

by seitokubi | 2011-12-10 17:27 | 3年次ゼミ(大成ゼミ) | Comments(0)

公開授業 「ハサミのマジシャン」

12月6日(火)の4限にFD公開授業が行われました。
今回は児童学科 奥村高明先生が担当されている科目「初等教育研究・図画工作Ⅱ」です。
この授業は、2クラス合同なので学生数が50名と多い方です。主に小学校コース2年生が受講しています。
e0201681_11462898.jpg
e0201681_11473399.jpg
まずは前回の授業内容を復習しました。
道具を使うということは道具の先まで感覚が伸びるということ、作品の仕上がりではなくその過程が大事だということを確認しました。
特に低学年は素材や道具にたっぷり触れることが望ましい。
パワーポイントを使っての導入。
講義の要所要所で効果的にパワーポイントが使われました。
机を合わせて、黒いロール紙を敷き、活動に取り組みます。

▼続きはこちらから
[PR]

by seitokubi | 2011-12-09 23:29 | 公開授業 | Comments(0)

第2回親子アートツアー 松戸アートラインプロジェクト2011(22)

11月26日(土)「松戸アートラインプロジェクト2011」で「第2回親子アートツアー」を行いました。
今回は4組の親子が参加してくれました。
土曜日と言うこともあり、お父さんお母さんと子どもたち家族全員でいらしてくださり、参加人数は親6人、子ども7人、計13名のツアーになりました。
自己紹介の後、スタート!
始めは松屋2F「松戸百鬼夜行」大成哲雄+大成ゼミの作品です。
こちらの会場も大賑わい。混雑していたので不気味?さはなく、小さいこどもたちもニコニコと会場を眺めていました。
e0201681_23204478.jpg

大成先生から作品の説明を受け、参加者は目玉のシールをもらっていろいろなものを妖怪にしていました。
e0201681_12581876.jpg

お父さんにシールをつけられちゃいました!
e0201681_1393751.jpg


続きはこちら
[PR]

by seitokubi | 2011-12-08 12:55 | 鑑賞 | Comments(0)

美術部 聖徳祭でコピアートペーパー

こんにちは★美術部1年の萩原と亀井です!!
11/5,6の聖徳祭で美術部が行ったワークショップ「コピアートペーパーであそぼう」を紹介します。展示会場の一角に作業スペースを作りました。

まず!
コピアートペーパーの黄色い面の上に用意したいろいろな物を置いていきます。
e0201681_16462793.jpg


↓こんな感じ(・∀・)
e0201681_1650274.jpg


次にライトを当てます(日光でもできるそうです)。
e0201681_2265324.jpg

数十秒待ちます。

つづきはこちら!
[PR]

by seitokubi | 2011-12-02 18:36 | 美術部 | Comments(0)