<   2015年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ひとりでできるもん♩造形美術⑨10



ひとりでできるもん♩


先週の続きですが、
e0201681_13505906.jpg

e0201681_13540613.jpg

e0201681_13543405.jpg

動物たちの命の目をドリル?(←名前ど忘れ)で付けてあげました。この時ゆっくりドリルの針を目を付けてあげる部分に当て、貫通させます。簡単な作業ではありますが、大きな機械を使用するので安全に使用する必要があります♩

そして前よりは動物らしく、木の温かみを感じます035.gif




この後、彫刻刀を使って動物たちの体の模様や大きな木の幹、子供などの細かい部分を彫るのは、主に《三角刀》を使用しました♩

e0201681_14013216.jpg

e0201681_14015496.jpg

e0201681_14020994.jpg

彫った時にできる木屑。集めませんでしたか?037.gif053.gif特に何も使えないのに木屑で遊んでいました。これがいいんですよねなぜか。

先生からのアドバイス049.gif線をハッキリさせる為にはもう少し彫りを深くする必要があるみたいです♩


e0201681_14082623.jpg


後半戦山場の《やすりがけ》《彫刻》が終わり、
最終戦の色付けが始まります066.gif066.gif







[PR]

by seitokubi | 2015-06-23 00:00 | 造形美術概論 | Comments(0)

ひとりでできるもん♩造形美術⑧




ひとりでできるもん♩


e0201681_13251821.jpg

木のパズルもそろそろ後半戦に入ってきました。
段々パズルらしきものが出来た気がします。
やってみたい!と友人が言ってくれたました♩


あ、
木の中に住む動物たちが飛び出してきました〜035.gif

e0201681_13260994.jpg


さあ、動物たちはどこへ向かっていくのでしょう

そうです。やすりがけです。《地獄のやすりがけ》
これから何時間やすりと動物たちと過ごすのでしょうか。気が遠くなる一方ですが、

やすりがけがパズルの一番重要な部分と言っても過言ではないんです032.gif☆☆☆なぜなら木の丸みあるやさしさを出したり、パズルを取り出しやすくするため、ピース同士に隙間を作るなど、パズルがパズルらしく、木が木らしくなるからです053.gif

わかりにくいかもしれませんが、BeforeAfterで見るとわかりやすいかもしれませんね。


またやすりがけに使うやすりですが、
先生から新しいやすりを使わせてもらい
やすりにも種類(番号)があることを知りました。

スタンダードなやすりも使ったのですが、やすりは始め大きな1枚ですが小さめに切って使用します。その時、どのように切るか知ってますか?《やすりは手で切ります》はさみやカッターを使用して切ると、刃が痛むのでダメなんだそうですよ!

さて、
e0201681_13333387.jpg
、、、、

、、、、、


、、、

、、。(やすりがけにかけた時間...5時間020.gif




e0201681_13350738.jpg


どうでしょうか。056.gifやっとのやっとです。


次は細かな仕上げにうつります。






[PR]

by seitokubi | 2015-06-16 00:00 | 造形美術概論 | Comments(0)

ひとりでできるもん♩造形美術⑤⑥⑦



023.gifひとりでできるもん♩

こんにちは。一人で黙々と作品制作をしていると
段々1人でやっている図画工作が難しく感じる時があります。
いろいろな見方を聞いたりする鑑賞ができなかったり、周りの人のアドバイスやアイディアが欲しかったりする時があります。そんな時頼るのは《ともだち》
ひとりでできるもん♩ではありますが、
その周りには先生やともだちがいたらと思う時があります。☆☆☆


今回の3限分、糸鋸を使って木を切り抜いていきます。
その中でどうやって切っていくか、どう工夫するか
細かなところで《ともだち》にもアイデアをもらいました。

アイデアは自分から思いつくものだけではなく、
ともだちとの何気ない会話や日常の中での
056.gif《ひらめき》もあると思いました。
そう思うと何気ない会話一つが鑑賞の一つになる
のではないかと私は思います。



さて、そのともだちや先生のアイデア049.gif
から工夫できた作品の流れを紹介します。
e0201681_13511935.jpg
e0201681_13514151.jpg

まずは少しずつ丁寧に「糸鋸」をつかって
ゆっくり切り離していきます。
段々切る面積が小さくなってくると、
糸鋸の刃の勢いで
▽ガタガタ△と板が固定しにくくなります。
また角度をつけて切る部分は難問でした007.gif

先生049.gifしっかり押さえて、板を押すようにきるべし
角度をつけて切るときはその場で回転すべし



e0201681_13592705.jpg


 
難しい角の部分もしっかりと切る事ができました!!
見えにくいですが、やってみると凄く集中力がいります


必死の思いで切り抜いたところ、
ともだち049.gifすごくいい!上手い!けど、普通すぎる〜


口や足などのそれぞれに糸鋸で切り込みを
入れる事に挑戦!!!!!例えばワニの口081.gif

e0201681_14041939.jpg
山型の口を角度をつけて切るのは先生からの言葉から
うまくいく事ができ、ただペンで描く口よりも
糸鋸の切り込みが木の素材の味が出てる気がしませんか



他にも沢山のアイデアをいただき、
無事に3時限分を使って終える事ができました。
056.gifアドバイス、ありがとうございました。




この後、、、
悲劇のやすりがけ地獄が始まるのでした048.gif

[PR]

by seitokubi | 2015-06-09 13:25 | 造形美術概論 | Comments(0)

「大成ゼミ」の記録集が出ました!

聖徳大学 児童学科「大成ゼミ」の記録集ができました!
2010年から2014年までの活動をまとめました。「暮らしの芸術都市」など主に松戸で行ったアート活動の記録です。
A4サイズ 46ページ オールカラーです。(編集 デザイン 大成哲雄)

e0201681_09183238.jpg

中はこんな感じです。
e0201681_23020528.jpg
e0201681_23015332.jpg
e0201681_23013542.jpg
                           

記録集に載っている各活動のブログ記事はこちらをご覧下さい。


つづきはこちら!
[PR]

by seitokubi | 2015-06-02 09:24 | 3年次ゼミ(大成ゼミ) | Comments(0)