<   2015年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

今年度の鑑賞活動 鑑賞カードから選ぶ

今年の「大成ゼミ」の鑑賞活動のスケジュールが出ました。
今年も今迄同様、主に武蔵野美術大学の活動「旅ムサ」の千葉ルートで行い、千葉大、東京家政大学等、他大学とも協力して行う予定です。

昨年度迄の鑑賞活動の記録はこちらをクリック!

<今年の予定>

①1/19(火) 
松戸市立和名谷中学校(1,4,5,6時間 2年生対象)
②1/20(水) 
保育園 きぼうのつばさ(16時半〜 ゼミ時間 幼児対象)
③1/21(木) 
松戸市立和名谷中学校(1,2,5,時間 2年生対象)
④2/5(金)
松戸市立六実中学校(5,6時間 午後13:10〜 1年生対象)
⑤2/8(月)
松戸市立旭町中学校(3,4,5,時間 1年生対象)
⑥2/11(木 祝)
松戸某小学校 黒板ジャック 

そして、12/16のゼミの時間は保育園きぼうのつばさの対話型鑑賞のための準備を行いました。
e0201681_2363227.jpg
昨年は行えませんでしたが、幼児の対話型鑑賞の活動です。
グループは3人で4つに分かれ、作品は一人1作品鑑賞カードから選び担当することになりました。
鑑賞カードを大きくプリントし当日使います。

e0201681_236472.jpg
作品のことを色々と理解した方がファシリテーターはやりやすいのではということで2年前から教科書等でとりあげられている美術作品を使う事にしました。
奥村学部長が監修した鑑賞カード(ScOPE アートポストカード vol,2)は印刷も綺麗で、解説もついているので教材として最適です。分類する等自然に鑑賞の遊びが生まれました。
グループ、全体で作品の傾向がかたよりのないよう調整しながら選びました。
中学生の対話型鑑賞はムサ美生の作品や児童学科4年生の作品を使います。

e0201681_2372739.jpg
年明けのゼミでは選んだ作品を使ってファシリテーターの練習をします。
本番は1月20日(水)です。
「とんでも図工室」の反省を生かし、しっかり準備をしてのぞみたいと思います。

(おおなり)

[PR]

by seitokubi | 2015-12-28 23:07 | 3年次ゼミ(大成ゼミ) | Comments(0)

「とんでも図工室」を終えて… 学生の感想

「とんでも図工室」を終えて…

072.gif「とんでも図工室」活動記録一覧はこちらをクリック!

072.gif松戸市のHPでも紹介されています。こちらをクリック!


以下、「大成ゼミ」学生の感想です。

e0201681_18062644.jpg


「とんでも図工室」の活動を通して、大きく2つのことを学びました。1つ目は造形WS(=ワークショップ)では、ファシリテーターの担う役割はとても大きく、重大であるということです。2日目に、"でこぼこ映画館"の担当をしていた際、男の子とお母さんが来てくださったので、「今ね、ダンボールで映画館を作っているんだよ!もう映画館の椅子は出来ているんだけど、まだ周りの壁も少ないし、入口もあるといいよね…。向こうにまだ使っていないダンボールがたくさんあるから、まずは箱を組み立てて、壁を一緒に作ろうか!」と、WSの目的、現在の状況、何を使ってどのように作るのかを明確に伝えました。すると、男の子は大きくうなずき、つぶしてあるダンボールを一緒に運んできて、テープをうまく使いながら箱を組み立て、「ここは入口だから…」と考えながら黙々と映画館を作り始めました。それを見ていたお母さんに、「もう職人の顔をしていますね。」と話しかけると、「ダンボールを使った製作が大好きなんです。昨日はなんだか色々なものを壊してまわっていたんですけどね…笑」と答えて下さった場面がありました。製作が好きな子どもであっても、この場(WS)で何をするのかが分からなければ、何をしたらいいのか分からず、周りの子どもの真似をしてみたり、作品を壊したりしてしまうこともあるのだと知りました。そして、きちんと目的を伝ることが出来ていないWSは、ただ自由にやりたいことができる場を提供するWSになってしまうこともあるのだと思いました。このことから、造形WSの活動の目的をファシリテーター全員が理解し、活動に参加する子どもや大人の方々に、きちんと説明をすること、そしてその目的を達成しやすいように道具や材料を厳選して配置したり、動線を考えた空間づくりをし、子どもがぱっとやる気になるような言葉掛けをしていくことがファシリテーターとして必要な力なのだと思いました。
 2つ目は、廃材や身の回りのものにはアートの素材としての魅力がたくさんあるということです。そして、これは「アートパーク」とはまた違った気付きでもあると思います。とんでも図工室では、各WSで使われている廃材が違う為、廃材ごとに様々な魅力があったように思います。"いろいろしろいろ"では、紙コップ等、1度は製作で使ったことがありそうなものをハサミを使わずに使う。と考えると、皆で協力して天井に届くくらい積み上げたり、紙コップ同士を洗濯バサミで繋げていったりと新しい発想から活動が広がっている様子が見られました。
 また、"おかしタウン"では、準備での段階から私は廃材であるお菓子の箱に大きな魅力を感じていました。普段あまり気にしていなかった身近なお菓子のパッケージには、様々なキャラクターが隠れていたり、素敵な色合いや、面白い形をした物があるのだとこの活動を通して初めて気が付きました。パッケージの中にストーリー性やその独自の世界観があり、探していくほどその魅力にひきつけられ、お菓子を見る時の視点がが少し変わりました。
 また、そのお菓子の箱を使って街や住人を作りました。作品だけでなく材料を見て「このお菓子好き!」等の会話が生まれていたので、様々な視点から楽しめるWSであり、素敵な素材だと感じました。
そして全体の感想は、とんでも図工室は、初めての活動ということもあり、大変だった部分もありますが、地域の方々とたくさん関わり、1つの空間で様々な廃材を使った造形活動を行うことができ、とても楽しかったです!
(やすだ)


今回「とんでも図工室」を二日間かけて行ってみて、初日のスタート前では予想も出来なかった超大作が出来、想像以上に得るものが沢山ありました。
まず、事前準備と振り返り反省会の大切さを身にしみて感じました。初日は反省することが沢山ありました。各々のワークショップの説明が不十分だったことで皆がどうしたら良いかわからない状態になっていました。1日目の終わりに2時間に及ぶ大反省会を開いて一つ一つの改善点を見つけていくことで2日目は見違えるような「とんでも図工室」になりました。説明やある程度のルールがあることでより自由で充実した遊びになることを実感しました。
 また、様々な年齢の子どものワクワクに触れられました。乳児から小学生まで、子ども達の発想はどこまでも自由で面白くて。年齢によってワクワクする部分や友達との関わりの違いを間近で見ることが出来て、それもまた勉強になったし、子ども同士の関わり合いはドラマがあって非常に面白かったです。「子どもたちに楽しんでほしい」という思いも強かったけれど、子ども達と保護者の皆様と一緒に活動したことで自分自身がそれぞれのワークショップを存分に楽しむことができました。
 「とんでも図工室」を実行するにあたって、沢山の不安があったものの終わってみるとあっという間で、良い点も悪い点もわたしにとって非常に心に残る活動でした。地域の方々や市役所、保護者の皆様、大学の先生や先輩そして何よりも来てくれた子ども達のおかげでこの活動は成り立っていました。こんなに良い活動が出来て、感謝の気持ちでいっぱいです。地域の力は偉大だと思いました。今後も、地域一体で楽しめる活動をどんどん広げていきたいです。そうしたら、子どもも大人ももっとドキドキワクワクキラキラ出来るのではないかなと思います!そして、こういった造形活動によって子どもの人生が豊かになると良いなと思います。
(いいづか)


つづきはこちら!
[PR]

by seitokubi | 2015-12-20 17:58 | 3年次ゼミ(大成ゼミ) | Comments(0)

「とんでも図工室」当日の活動(3)

今回のブログ担当は、上野です!

「とんでも図工室」 当日の様子、第三回です!!

e0201681_22111077.jpg
会場は二日間、多くの人が訪れにぎやかでした。
つなぎを来たゼミ生は遠くからでもとても目立ちますね(笑)


e0201681_22113892.jpg
こちらは、「いろいろしろいろ」の様子になります。
ここでは、白いものを切らずに、積んだり並べたり繋げることで、思い思いの作品を集めて一つの空間を作っていきます。

奥は「でこぼこ映画館」と「すけるとん影絵」の活動です。


つづきはこちら!
[PR]

by seitokubi | 2015-12-16 23:09 | 3年次ゼミ(大成ゼミ) | Comments(0)

「とんでも図工室」当日の活動(2)

こんにちは✩今回のブログ担当は浅野です。

前回に引き続き「とんでも図工室」当日の様子の報告です。

さあ、まずは「すけるとん影絵」からです!

e0201681_22012167.jpg
透明なものをOHPの台に乗せていきます~


e0201681_22013514.jpg
好きな形のものを好きなように乗せます!

楽しそうですね!
乗せたものが壁に写ります!

e0201681_22015830.jpg
こんなふうに体に映して楽しむことも、、!

続いて、、、
e0201681_22055679.jpg
「つながる洋服」!!

以前こちらのダイエーでファッションショー(つながる洋服ファッションショー)をしたときのものを中心に使いました。


つづきはこちら!
[PR]

by seitokubi | 2015-12-16 22:49 | 3年次ゼミ(大成ゼミ) | Comments(0)

「とんでも図工室」当日の活動(1)

こんにちは!今回のブログ担当は安田です(^O^)


いよいよ大成ゼミプロデュースの「とんでも図工室」当日(11/28、29)がやってきました!
どんな活動になるのか、とっても楽しみですヽ(´▽`)/
e0201681_22223165.jpg
手作り黒板に、ゼミ生が
「とんでも図工室」のめあてを書いていきます。
準備は前日の午後から行いました。

そして…

e0201681_22215396.jpg
準備が整いました!
フロアーいっぱいの大きな大きな図工室!!
全体を見渡すだけでなんだかわくわくしてきます。

e0201681_22221219.jpg
先ほど書いていた黒板も完成!
小学校の授業を思い出しますね(笑)

e0201681_22302768.jpg
ダイエーのエスカレーターを6階まで上がるとまず見えてくるのは
「つながる洋服」のコーナーです!

e0201681_23173509.jpg
受付を通って進むと次は…
「でこでこチャリンコ」が!!!


つづきはこちら!
[PR]

by seitokubi | 2015-12-16 22:48 | 3年次ゼミ(大成ゼミ) | Comments(0)

オーナメント開発所〜オリジナルオーナメントをつくってみよう!〜 野菊野こども館

西園ゼミです。

松戸市野菊野こども館でクリスマスのワークショップをおこないます!
今回は、西園ゼミ・野菊野こども館・S+N laboratoryとの共同企画。
小学生からは1人で参加OK。小学生以下のお子さんは保護者同伴となります。

e0201681_0322218.jpg

e0201681_034552.jpg

以下ワークショップの詳細

『オーナメント開発所(かいはつじょ)〜オリジナルオーナメントをつくってみよう!〜』
会場には、おもしろい素材がいっぱいあるよ。材料を組み合わせて、オリジナルオーナメントをつくってみよう!!

概要:会場内には、身近にある様々な素材が置かれています。異なる素材を自由に組み合わせ、オーナメントづくりを行います。グルーガン専門家・ドリル専門家・毛糸の専門家・型抜き専門家などの技術指導者を配置し、イメージしたことを極力具現化できるよう進めます。
子どものできない部分を手助けする、相談にのる、または安全確保のための役割としてスタッフを配置します。
※オーナメント作りの材料はこちらでも用意していますが、是非使ってみたいという材料があれば、持ち込みOKです。(例:木の実・小枝、わた、布、包装紙・厚紙など紙類、ビーズ、毛糸、コルク、ショートパスタ等)

会場: 野菊野こども館      
     〒270-2243 千葉県松戸市野菊野6   
     TEL/FAX 047-331-1144
日時: 12月20日(日) 13:30-15:00
対象: 小学生からは1人で参加OK。小学生以下のお子さんは保護者同伴で。
     人数制限はございません。

※駐車場はありません。公共交通機関(バス)をご利用ください。
松戸駅東口バス停より<野菊野団地行き>または<三矢小台行き>約8分『野菊野団地』バス停下車 徒歩1分
※ワークショップの様子を記録用として写真撮影を行うことがあります。ウェブサイト等で公開する可能性もありますが、個人が特定できるような写真を使用することはございません。写真がNGという方は当日や事前にお知らせいただければと思います。

野菊野こども館ブログ http://nogikunokodomokan.blog129.fc2.com/
[PR]

by seitokubi | 2015-12-08 10:00 | 3年次ゼミ(西園ゼミ) | Comments(0)