北部小学校で黒板ジャック

こんにちは!今回のブログ担当は、児童学部 児童学科 幼稚園教員養成コースのTです!

1月6日(金)と1月10日(火)
松戸市立北部小学校で黒板ジャックをやらせて頂きました。
6日に一日かけて制作し、10日の朝に公開です。
e0201681_22475136.jpg
昨年に引き続き松戸のまちづくり団体が企画をしました。
アーティストの方と、武蔵野美術大学の学生4名と共に参加し、
9時から17時までの8時間、皆で完成を目指しがんばりました!

e0201681_22470834.jpg
冬の寒さも、なんだか心地よいいい天気です!
松戸市立北部小学校は、今年でなんと90周年になります!

今回の黒板ジャックにテーマは特にありませんでしたが、お祝いの気持ちを込めて一人一枚の黒板を担当し描きました。


つづきはこちら!
[PR]

# by seitokubi | 2017-01-15 22:48 | 3年次ゼミ(大成ゼミ) | Comments(0)

⑬「しろくま図工室」を終えて…学生の感想

今年の後期の児童学科「大成ゼミ」のプロジェクトは「しろくま図工室」でした。
恒例のゼミ生12人の感想です。この活動で学生はどのようなことを学んだのでしょうか…。
(美術研究室)

e0201681_23340113.jpg


10月から12月の約2ヶ月半に渡り私たちは地球温暖化について様々な視点から考え「しろくま図工室」という一つの活動に繋げることができました。今回初めてPARADISE AIRの方達と一緒に活動をさせて頂き、多くのことを学ぶことができました。地球温暖化について考えることから始まりましたが、自分だけの意見ではなく、デザインシンキングを通して考えることで、より多くのアイデアを皆で広げていくことができました。ものづくりには、とにかくなんでも思いついたことを紙に書きとめておくことが大切なのだと学びました。グループで考えるプロトタイプでは、最初はなんとなくしか見えていなかった活動を回を重ねるごとに明確にすることができました。また実際に保育園に行き、子供たちの前で自分たちで考えたプロトタイプを発表し、具体的な改善点など本番に向けて、徐々に形にしていくことができました。私たちのグループでは、色ビニールのみを使い洋服を作る活動を行いました。ただ洋服を作るのではなく、地球温暖化に何か関連することをイメージして制作するという活動です。当日はとても小さい年齢の子供から小学5年生の子供達に参加して頂きました。地球温暖化の説明を受け、子供達が思い思いに洋服を制作していく姿を見て、それぞれの感じ方・表現の仕方が違って面白いと感じました。私が関わって表現が面白いなと思ったのは地球温暖化についてとても詳しく話してくれた小学5年生の女の子です。こちらから説明をしなくても地球温暖化のメカニズムを知っており、逆に関心させられてしまいました。保護者の方からも今までに様々な企画展、アートイベントに参加しているというお話も伺うことができ、貴重なお話が聞くことができました。今回はテーマが地球温暖化だったのですが、そのテーマをどれだけ簡単に子供達に伝えられるか、あらためて難しいと感じました。ですが、ただ学校の授業で地球温暖化についてなんとなく知るのではなく、こうした活動を通して考えることで、より興味も湧くし、楽しく知ることができたのではないかと思いました。改善すべき点も多々あったため、これからの活動ではそこも踏まえて次につなげていきたいと思います。(あずさ)

つづきはこちら!
[PR]

# by seitokubi | 2017-01-15 18:25 | 3年次ゼミ(大成ゼミ) | Comments(0)

⑫「しろくま図工室」当日の活動(2)

こんにちは!今回のブログは児童学科「大成ゼミ」の古庄が担当します。
「しろくま図工室」(12月17日、18日)当日の活動のつづきです。

e0201681_19252365.jpg
プリンさんの展示会場の周辺で「地球温暖化」をテーマに私たちがデザインシンキングで考えたワークショップを3つ行います。

e0201681_17201043.jpg
まずは…①「○○にヘンシン!」
子どもたちがさっそく遊びにきてくれました!
一緒にビニールで洋服を作っていきます♪


e0201681_17361471.jpg
左から私たちが作った地球・太陽・白くまをイメージした服。


つづきはこちら!
[PR]

# by seitokubi | 2017-01-15 17:51 | 3年次ゼミ(大成ゼミ) | Comments(0)